54892

♪ イトウ・キネン・シンガーズ掲示板へようこそ ♪


[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[439] いつも何度でも Name:サル Date:2018/05/05(土) 21:51 [ 返信 ]
ウクライナ出身の歌手ナターシャ・グジー(バンドゥリースト)の「いつも何度でも」です。

曲は知っているけれど、詩の内容はよく分からない・・・いや分かっていないのでは。

彼女は6歳のときに『チェルノブイリ原子力発電所爆発事故』によって被曝しました。

ナターシャはこの歌詞の意味を深く知り、自身の人生と重ねつつ、心を寄せて歌っています。

ちなみに作詞の覚和歌子さんは、「リフレイン」の作詞家でもあります。





[438] 昨日は Name:It Date:2018/03/22(木) 14:29 [ 返信 ]
あちらこちらで咲き始めたサクラを眺めながら西海路をドライブ。
西彼杵高校文化部発表会にてステージを持たせてもらいました。

コミュニテイセンターには地域の皆さんが集い、温かい雰囲気の中で、生徒さんや大瀬戸はまゆうコーラスのみなさんとの共演も楽しいものでした。
(演奏の出来は・・・(^^;としても)
機会を与えてくださった西彼杵高校の皆様に御礼申し上げます。

島根のユースクワイアから戻って、これから上京の準備もある中、IKSでの(ひとまず)最後のステージをこなしてくれた萌子ちゃんにも感謝します(^^♪
2年間充実した時間を過ごして、また一回り大きくなって戻ってきてください!

教職員の人事異動も発表になりしばらくは慌ただしいこともあると思いますが、これからまた合唱祭やコンクールに向けてガンバロウ!

                


[437] もろもろっ! Name:It Date:2018/03/20(火) 13:35 [ 返信 ]
うたうたいさん
演奏会のご盛会おめでとうございます。アヤコちゃん、おつかれさま!

もえこちゃん、島根からお帰りっ!おつかれさまっ!
九州支部紹介が大好評だったようですね(^^♪
NHKさん島根放送局のユースクワイア紹介ニュース
http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20180317/4030000094.html


さて、明日(21日)になりましたが・・・
大瀬戸コニュニテイセンターにて
「西彼杵高校 文化部発表会」におじゃま致します。
お時間ある方はドライブがてらお越しください(#^^#)



[436] ありがとうございました! Name:アヤコ Date:2018/02/26(月) 00:42 [ 返信 ]
うたうかい2回目、無事に終わりました

わざわざ聴きにきてくださった、指揮者さま、Tちゃん、後輩を送り込んでくれたM子ちゃん、お気遣いくださった代表さま
ありがとうございました!
お花もお菓子も、贈り物まで頂きありがとうございました。

耕さんの曲への想いを聞いたことも、とても幸せな時間でした。

また、いろんな曲に出逢っていきたいものです。

まずは、お礼まで。
感謝します。


[435] 大地讃頌 Name:大分のサル Date:2018/02/18(日) 11:04 [ 返信 ]
羽生・宇野の金・銀メダル獲得で、平昌オリンピック盛り上がっていますねー!

でも、4年前に最も注目されていたのは浅田真央だったと思うのですが・・・。

こんな動画をYoutubeで見付けましたのでご覧ください。
(オリンピックでの演技ではありません。)

投稿した人はよほどの合唱通だと思います。
途中もですが、特に最後は曲と演技がぴったり合ってます!






[434] 演奏会のお知らせ Name:It Date:2018/01/27(土) 13:44 [ 返信 ]
九州を代表する合唱団のひとつ、福岡の「混声合唱団うたうたい」さんの第2回「うたうかい」です。
(HP:https://utautai09.wixsite.com/utautai-choir


2018年2月25日(日)14:30開演
アクロス福岡シンフォニーホール
一般/2,000円 学生/1,000円


1st 2017年全日本合唱コンクール報告演奏
2st 楽しいコーラス
3st 作曲家とともに
4st 混声合唱とピアノのための
   「すこやかに おだやかに しなやかに」

指揮;高嶋昌二
ゲスト;松下耕
ピアノ;藤澤篤子



昨年11月の全国大会ではみごと銀賞に輝いた「うたうたい」さん。
指揮の高嶋昌二先生の指揮のもと、「涙あり 笑いあり」のコンサートになるようです(^^♪
ゲストである松下耕先生作品の4stはきっと素晴らしいものになるはず。
アヤコちゃんも頑張ります(#^^#)
お時間のある方は是非!
                
                         



[433] 第7回JCAユースクワイア Name:It Date:2018/01/18(木) 16:42 [ 返信 ]
3月17日(土)14時より第7回JCAユースクワイアコンサートが島根県の松江市総合文化センタープラバホールで行われます。
全国から40人の若者たちが13日から集い、リトアニア出身の作曲家ヴィタウタス・ミシュキニスの指導を受け、その成果を発表するコンサートです。

演奏曲目や詳細は全日本のページで。
http://www.jcanet.or.jp/event/jca-youth/JCAyouth-index.htm


ちなみにミシュキニスさんはIKSが全国大会初出場したときの自由曲の作曲家であります。
その時に歌った「Cantate Domino」も、さらに3年前の全国大会・香川で歌ったラインベルガーの「Abend Lied」もプログラムに!(^^♪

我がM・萌子さんは今回で3回目の参加!
行ける方は是非、会場で応援しましょう!
ちょっと遠いけど・・・(*_*;



[432] 今年も宜しく♬ Name:It Date:2018/01/05(金) 18:48 [ 返信 ]
2018年がスタートしました。
今年も皆が健康で、楽しく、真摯に、音楽に向き合っていけたらいいなと星に願います。

今年のモットーは「レパートリーを増やそう!」
その先にあるものは・・・。

今年も宜しくお願い致します!  


[431] 久しぶりの投稿 Name:大分のサル Date:2017/12/20(水) 00:19 [ 返信 ]
タイトルが「脅威の歌唱力!!本当に凄すぎる」

本当に凄かった!!

歌唱後のコシノジュンコとの話が、これまた面白すぎです。




[429] おかあさん全国in岡山 Name:It Date:2017/11/07(火) 18:20 [ 返信 ]
なんとほぼ2か月ぶりでございます。
季節は移ろい朝夕肌寒くなり、日本シリーズは熱く終わり、ワールドシリーズは何となく気まずく終わり、私は結石を再発しましたが3日間で無事に放出( ;∀;)した次第です。

それはともかく、8月26,27日に岡山シンフォニーホールで行われた「第40回全日本おかあさんコーラス全国大会」のダイジェストDVDをいただいたので、ゆうべ見ておりましたら九州代表のひとつ「日田コールアイリス」さんのステージにかみちょさんの姿を見っけ(^^♪
今年、大分・日田は大変な豪雨災害がありましたが、元気に歌っている姿を見れて保護者のように安心致しました。

それにしても全国津々浦々、おかあさんたちは皆元気ですな(*^▽^*)
               



[430] RE:おかあさん全国in岡山 Name:かみちょ Date:2017/12/02(土) 23:21
伊藤さん、ご紹介ありがとうございます😊
イトウキネンで歌う時間がとれないことは、本当に寂しいですが、
おかげさまで、こちらでも、楽しい合唱ライフを送らせてもらっています。
今夜は、高校生ぶりに栗山先生の指揮で歌わせて頂きました。

12月10日は、イトウキネン練習日のようですね!
日田ではパトリアというホールの10周年記念で、第九と筑後川を九響さんと現田先生の指揮で歌う企画があります。
初めての第九合唱、ベートーベンの熱に火傷しそうです。これなんですね〜☺

皆さまも、お身体に気をつけて、アンコンの練習頑張って下さい✨
プレミアム、フロイデー!(^_^) おんせん県の日田市より、皆さんへ愛を込めて。
また会いましょう&歌いましょう♪

[428] 沖縄はやはり暑かった Name:It Date:2017/09/15(金) 11:40 [ 返信 ]
九月の沖縄行きは毎回やきもきしますが、今回は何のストレスもなく。
1週ずれてたら大変でしたね(*´ω`*)

みなさんお疲れさまでした。指揮者殿も指揮と歌い手との二刀流ご苦労様でした。ウイステリア&うたうたいは全国大会おめでとうございます!
両団体とも素晴らしい演奏だったと思います(^^♪全国大会でのご健闘を祈念いたします!特にうたうたいの課題曲G3はとてもよかった。高嶋先生らしい日本語の丁寧さ、美しさは突出していたと思いました。
ウイステリアはG1の安定感は毎度のことながら、自由曲での後藤H君のまさしく「自由」な指揮も楽しく、安心して聴くことができました。


今回聴くことができた中で一番印象深かったのは熊本のグラツイエさん。
岩津整明先生時代の熊本第一高校OGによって作られ、結成30年を迎えるというグラツイエさんはずっと九州の合唱界を牽引されてきました。
西村作品を歌ったらとにかくピカ一、抜群の美声と堂々たるステージングはとんでもない存在感を持ち、僕は憧憬の念でコンクールで聴けることを楽しみにしてきました。
今回、課題曲がF3の「再会」、自由曲が同じ『光る砂漠』から「落石」と「ふるさと」。萩原英彦の『光る砂漠』は、僕もかつて混声で歌ったことがあり大好きな作品です。
グラツイエさんのメンバーは平均するとおそらく僕と同年代くらいになると思います。失礼を承知で言いますが、さすがにかつての転がるような美声は聴こえません。しかしながら、岩津先生の丁寧な指揮と林原さんの素敵なピアノと共に流れてくる歌声に僕は不覚にも涙が溢れて仕方がありませんでした。まるで演奏会で名曲『光る砂漠』を聴いているような心地よさ。決して華やかではないけれど、指揮者とピアニストと歌い手の長い繋がりから生まれている音楽を聴きながら、「ああ、積み重ねって大事だなあ、素晴らしいなあ」とつくづく思いました。
残念ながら成績的には不本意だったと思いますが、その演奏に涙した者が一人はいたことをお伝えしたいと思います。

僕らもまた来年、誰かが泣いてくれるような演奏をしたいものですね(^^♪ガンバロウ。

いろいろとお世話をしてくれたモリカワさん、二夜にわたってとても美味しい沖縄料理を出すお店を手配してくれたイサイ君、ありがとうございました!
九州大会運営に苦労された沖縄県連のみなさん、お世話になりました!ありがとうございました!
                  


[427] ズーラシアンブラス! Name:It Date:2017/08/08(火) 16:16 [ 返信 ]
9月17日(日)14時より長崎ブリックホールにて。

絶滅危惧種の動物たち?による、親子で楽しむクラシックコンサートです(^^♪
楽しめると思いますよ。
http://www.superkids.co.jp/z-brass/zb/profile.html

チケットは、チケットぴあ・ローソンチケットで。



[426] 今週末は県大会 Name:It Date:2017/07/13(木) 13:26 [ 返信 ]
いよいよコンクールシーズンの幕開けです。

「新着情報」をちょこっと追加。

すごい雷が過ぎ去り、梅雨明けの気配です。
夏本番、熱い演奏をやりましょう。


両腕のないホルン奏者、フェリックス・クリーザーの著書「僕はホルンを足で吹く」の中に素敵な文章がありました。http://n-log.jp/sinsin-prison/278668.html

彼がプロのプレイヤーとしてレコーディングをし始めたころかなり神経質に音にこだわっていたら、トーンマイスター(録音時の音の全てを取り仕切る人)のシュライアーという人が彼に「若手音楽家に贈る言葉」というメモを渡したそうです。
それは20世紀最大のヴァイオリニストの一人であるギトリスの言葉で、
「不完全なものに対する勇気を持ってください。(チェロ奏者の)カザルスやマリア・カラスの素晴らしい間違った音が、数千ものいわゆる『正しい』音よりも価値があることを忘れてはならない」というもの。

もちろん音楽に適当に向き合っていいわけでなく、正しく演奏することは大事なことだけれど、それにもまして重要なことが音楽にはあるのだと思います。

県大会、運が良ければ九州大会という本番のステージもだけれど、練習の時にもいろんな大事なものを探しながら歌っていきたいものです。

では元気に佐世保で会いましょう!
             


[425] ミニ全国大会 Name:大分のサル Date:2017/07/09(日) 23:45 [ 返信 ]
本日の練習お疲れ様でした!

ちょっとキツイ練習だったかと反省しておりますが・・・、
課題がはっきりしてきましたので、来週は、集中した練習をお願いしますね。

そして何より楽しんで歌いましょう♪

さて、佐賀県のコンクールの話をしましたが、
一般の出演はシードのMODOKI、ソレイユだけかと思いきや、
もう一団体ありました!一昨年の同声部門で九州代表となった、
ソレイユ・佐賀女子の♪♪「Choeur Nature」♪♪

今年の全国では、混声・室内・同声を佐賀が独占か?
いやー、すごい県予選ですねー!まさにミニ全国大会です。


[424] ken-pその後 Name:It Date:2017/06/30(金) 18:47 [ 返信 ]
練習&講習会お疲れ様でした。
M萌ちゃんからの情報ですが、長崎講習会後にken-Pがツイッターに上げておられた資料だそうです。
説明したけどわからんだろな〜と思われたのでしょうが、ありがたいご配慮!(^^♪

http://wisemanproject.com/shobi/006-DTM101/001-BasicChordScale&LowIntervalLimits-001.pdf
(PDFファイルが開きます)
今後の参考にしたいと思います。
                



[422] 1ヶ月の間に Name:It Date:2017/06/09(金) 15:35 [ 返信 ]
横浜ワークショップのこと。
いつの間にかカウントが五万を超えたこと。
今年も銀屋町教会にユリを供えたこと。
合唱祭とウイステリアコールの定期演奏会が無事終了したこと。
親父の十七回忌と叔父さんの葬儀がかぶってしまったこと。

楽しいこと、うれしいこと、懐かしいこと、つらいこと。

いろいろありながら梅雨に突入した途端、猛烈に暑いですね(^_^; とりあえず、元気に日曜に会いましょう!


[423] RE:1ヶ月の間に Name:大分のサル Date:2017/06/10(土) 10:48
私は明日、本山先生の課題曲講習を受けているため長崎に行けませんが、
コンクール本番に向けて、一人一人が不安無く歌えるようにしておいてくださいね!

では、ケンピー講習会の日(25日)にお会いしましょう♪


[421] GWに寄せて Name:It Date:2017/05/01(月) 13:20 [ 返信 ]
明日からワークショップin横浜(5月3〜5日)に行ってきます。
実はWSに参加するのは初めて(;´∀`)
Nコンと全日本の課題曲集とメサイアの楽譜を抱えてウロウロする予定です。非常に楽しみです。

さて、GWの最中にのりちゃんの丸3年の命日がまた巡ってきます。僕が今年は伺えないので、森川さんにお花を手配してもらいました。
当時の掲示板の書き込みを見返してみて、あらためて「ちゃんと歌わなきゃ、生きなきゃ」と思い直します。
WS、しっかり学んできます。

それから、4月5日に詩人で評論家の大岡信(まこと)さんが亡くなりました。86歳。
僕らが2度目の全国大会に出場できた時歌った自由曲は木下牧子さんの「水底吹笛」で、この詩を書いたのが大岡さんでした。
たしか大岡さんが18歳の時の詩作であり、その瑞々しさは、木下さんという天才の作曲と相まって今も色褪せないのは言うまでもありません。
同時代に生きた詩人谷川俊太郎さんはしばしの沈黙ののち、次のような詩を大岡さんに捧げました。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12885328.html


本当はヒトの言葉で君を送りたくない
砂浜に寄せては返す波音で
風にそよぐ木々の葉音で
君を送りたい
 
声と文字に別れを告げて
君はあっさりと意味を後にした
朝露と腐葉土と星々と月の
ヒトの言葉よりも豊かな無言
 
今朝のこの青空の下で君を送ろう
散り初(そ)める桜の花びらとともに
褪(あ)せない少女の記憶とともに
 
君を春の寝床に誘(いざな)うものに
その名を知らずに
安んじて君を託そう



詩人への、詩人からの惜別の詩。
僕らはどんな音楽で仲間を送ることができるのでしょうか。
                        


[419] キングコング: 髑髏島の巨神 Name:大分のサル Date:2017/03/27(月) 13:27 [ 返信 ]
行ってきました!面白かったー!!

見に行くつもりの方は、エンドクレジットが終わるまで、
絶対に席を立たないでくださいね♪




[420] RE:キングコング: 髑髏島の巨神 Name:It Date:2017/04/03(月) 01:21
映画の日のレイトショーで観てきました(>_<)ヽ
コングはやっぱり美女が好き。
場内明るくなるまで見ましたよ。
日本が誇る「彼ら」に対するリスペクトですね♬


[418] お知らせ! Name:大分のサル Date:2017/03/24(金) 21:57 [ 返信 ]
ウイステリア・コールのホームページが新装開設されました!ヽ(=´▽`=)ノ

すみませんがリンクのアドレス変更をお願いします!

また、訪問された方は、ぜひ掲示板へ足跡を残してくださいね♪

よろしく!


https://o-wisteria.wixsite.com/main


[417] 第10回声楽アンサンブルコンテスト全国大会2017 Name:大分のサル Date:2017/03/21(火) 09:59 [ 返信 ]
KoGちゃんは、池袋での再会を約束してくれました!
みんながんばろうね♪

さて、声楽アンサンブルコンテスト全国大会で、各部門の金賞受賞団体(上位5位)が、
最終日の昨日 本選に出場しました。

結果第一位は、岩手県立不来方高校音楽部!
二位から五位までは、福島の高校生・中学生が独占しました!

http://www.vocalensemble.jp/

第一位の不来方高校は、野球部が今回選抜高校野球に出場していますが、
選抜では国歌独唱を、昨年の独唱コンクール高校生一位が務めることになっており、
その不来方高校音楽部の竹内菜緒さんが務めました。

たぶんアンサンブルコンテストでもその美声を披露していたものと思われます。




[416] 一歩 一歩 前へ Name:It HOME Date:2017/03/20(月) 20:14 [ 返信 ]
目を閉じれば

あなたと過ごした時のことを

あなたとともに歌ったことを思い出す

音楽の終わりが

あなたとの別れではない

音楽がまたよみがえるように

何度でも 何度でも あなたを思い出そう


旅立つあなたたちが
あなたたちを愛してくれる人たちとたくさん
巡り合えますように

すこやかに がんばれ。
つぎに会えた時はいつでも「おかえり」というからね。


[415] 大分のサル Name:大分のサル Date:2017/03/06(月) 08:58 [ 返信 ]
昨日は疲れ様でした!

本番ステージを多く経験することはとてもいいですね!

リハーサルに比べて声はよく出ていたと感じました!

でも、本番で楽譜が見づらかったなど、予想しないことが起きましたね。

ま、それもまた楽しです!


さて、お楽しみ動画コーナー(笑)です!

テノールの芹澤 佳通氏が、モーツアルトのオペラ魔笛から「夜の女王のアリア」を歌ったものです。なぜか笑えます。




[414] アカデミー賞 Name:大分のサル Date:2017/02/28(火) 22:32 [ 返信 ]
久しぶりです!

昨日発表されたアカデミー賞。トランプ絡みのコメントが続出し、

あげくのはては作品賞の発表を間違えると言う前代未聞の出来事!

そんな中で、実写短編映画賞の受賞作品は、ずばりハンガリーの「合唱」!!

文吾君のブログで紹介されていました!(ありがとう!)

原題は「Mindenki」で「みんな」の意味です。

下記をクリックすると見れます!

https://antenna.jp/articles/3669980


追伸:「ラ・ラ・ランド」面白かったです!ドルビーアトモスで見ましたが、スゲかった♪


[399] 一枚の写真 Name:大分のサル Date:2016/12/05(月) 19:39 [ 返信 ]
この夏、原爆の悲惨な様子として有名だった写真に写っていた子どもが、実は僕らの大切な仲間だったのりちゃんのお母さんのお兄さんだったことが判明し、衝撃を受けましたね。

ここにまた一枚の写真があります。NHKスペシャル「〜解かれた封印〜米軍カメラマンが見たNAGASAKI」の約50秒頃に登場します。




終戦直後、米海軍カメラマンのジョー・オダネル氏(今年8月、85歳で死去)の心を揺さぶった「焼き場の少年」です。
原爆が投下された長崎市の浦上川周辺の焼き場で、少年は亡くなった弟を背負い、直立不動で火葬の順番を待っています。
素足が痛々しい。オダネル氏はその姿を1995年刊行の写真集「トランクの中の日本」(小学館発行)でこう回想しています。

「焼き場に
 10歳くらいの少年がやってきた。
 小さな体はやせ細り、
 ぼろぼろの服を着てはだしだった。
 少年の背中には
 2歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。
 (略)
 少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。
 わき上がる熱風にも動じない。
 係員は背中の幼児を下ろし、
 足下の燃えさかる火の上に乗せた。
 (略)
 私は彼から目をそらすことができなかった。
 少年は気を付けの姿勢で、
 じっと前を見つづけた。
 私はカメラのファインダーを通して
 涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。
 私は彼の肩を抱いてやりたかった。
 しかし声をかけることもできないまま、
 ただもう一度シャッターを切った。」

少年に会いたい願いは叶わず氏は亡くなりましたが、息子がその意思を引き継ぎ、
長崎を訪れ写真展も行われています。

この写真が語るもののあまりの大きさに、私は圧倒され・・・涙が溢れるのを拭いもせず、ビデオを見続けていました。


[413] RE:一枚の写真 Name:かみちょ Date:2017/02/22(水) 01:20
遅ればせながら、今動画を拝見しました。
長崎の人として、また世界の一員としてこのアメリカ人写真家の方とその息子さんの生き方を知られたことは本当によかったです。ありがとうございます。
今イギリスから帰国して、日本で過ごす久しぶりの夜になりましたが、改めて世界平和のために行動したいと思いました。

[412] 普通にみんなで歌える喜び Name:It HOME Date:2017/02/17(金) 00:43 [ 返信 ]
ヴォーカル・アンサンブル・フェスティバルお疲れさまでした!今年は例年よりまして、特に一般の部はレベルが高かったように感じました(^^♪
フェスティバル賞はミドルな人達にさらわれてしまいましたが、たしかに素敵な演奏だったのでヨシとしましょう(^^)/
また次回、もう少し頑張った演奏をしましょうね。

さて、熊本県合唱連盟理事長松本強一先生からお手紙が届きました。
今年度が始まってすぐに起こった震災被害の中で熊本県合唱連盟としての歩み、取り組み、そして支援への感謝のお手紙です。
隣県でありながら大したこともできませんでしたが、熊本城が元の姿に戻る日まで(かなりかかるかもしれないけど)、同じ合唱仲間として寄り添って行きたいと思います。長崎県合唱連盟長崎支部HPにもアップしてもらっていますが、松本先生からの許可を得てこちらにも全文を転載します。



長崎県合唱連盟様

立春も過ぎ、春の光が明るさを増している様に感じるこの頃となりました。
まずは熊本地震に対する多くの方々の励ましやご支援に厚く御礼申し上げます。
今回の熊本地震の際に寄せられた励ましの言葉やご支援は私達の合唱活動に勇気と希
望を与えてくれました。そして東日本大震災でも頻繁に使われた「絆」という言葉を身を
もって実感することにもなりました。
昨年四月十四日夜に起こった熊本地震は県連の行事に多大な影響を与えました。新学
期が始まったばかりで連盟の総会を間近に控えた時に起こった大地震だったので対応に
は苦慮しました。熊本県内の各施設はほとんど使える状況に無く、再開の見通しも立たな
いため、最初の行事である講習会は予定を変更して比較的被害の少なかった荒尾市で開
催。ほとんどの学校や合唱団は地震から約一か月後に活動を再開したため、参加者は少な
かったのですが、久しぶりに聴く歌声には感動を覚えました。「普通にみんなで歌うこと
の出来る素晴らしさ」を痛感した瞬間でもありました。
六月末に熊本県立劇場で開催予定だった「おかあさんコーラス九州大会」は急遽宮崎
県連に引き受けて頂き西都市で開催されましたが、わずかな期間で準備され、スタッフ
の方々も献身的に働かれて、ここでも合唱仲間の絆を強く感じることとなりました。
コンクールは時期をずらすことは出来ないので方々探した結果、お隣りの福岡県大牟田
市で開催。何とか乗り越えることが出来ました。コンクールの二日目はちょうどスウェー
デンから来福していた合唱団が、被災された合唱団の皆様に私達の歌声を、とミニコンサ
ートを行ってくれ、終了後のロビーでは自然に歌声の交流も始まりました。合唱で繋がる
心の輪に国境は無く、感動を覚える一日になりました。
八月二十五日に熊本県立劇場は再開され、コンサートホール最初の催し物は県芸術文
化祭オープニングコンサートでした。合唱連盟加盟団体からも沢山の方々が参加され、
五月末に最初の練習を行いました。曲は佐藤眞作曲「土の歌」全曲。終曲は大地讃頌。
練習の最後にその大地讃頌を歌いました。多くの方々が目に涙を浮かべて歌っていまし
た。「母なる大地、大地に感謝せよ・・・」私達はこの熊本の大地に生かされていす。
時に牙を剥くこともありますが、この山紫水明の熊本の大地はかけがえのない私達の故
郷です。
私達熊本県合唱連盟の会員や、合唱を愛する県民共々、これからも「普通にみんなで
歌うことの出来る喜び」をかみしめながら前進して行きたいと思います。
改めまして、多くのご支援に感謝申し上げます。ありがとうございました。
熊本県合唱連盟理事長
長崎県合唱連盟 様
松 本 強 一



「普通にみんなで歌うことの出来る喜び」を、僕たちも胸の中にいつも抱いて。
            


[409] 七高山めぐり Name:今泉 宏 Date:2017/01/23(月) 23:53 [ 返信 ]
1月3日に長崎の伝統行事である、七高山めぐりに草野さん、上戸さんはじめ私の友人と行ってきました。朝9時に長崎駅前を出発し、金比羅山、七面山、烽火山、秋葉山、豊前坊、彦山、愛宕山の長崎市内7つの山を制覇し、浜の町に下りてきたのが、16:30ころでした。毎年1月3日に私が計画して行っています。ご希望の方は是非ご参加ください。途中リタイヤもOKです。山に登ると気持ち良いですよ。


[411] RE:七高山めぐり Name:今泉 宏 Date:2017/02/06(月) 22:25
yes

[410] RE:七高山めぐり Name:It Date:2017/02/03(金) 10:25
あれ?写真が変わった…

[408] 携帯アドレス Name:バス浜田 Date:2017/01/18(水) 21:49 [ 返信 ]
携帯docomoのアドレスが無くなりました。hmdakr2000@ yahoo.co.jp(スペース除く)かショートメールしか使えません。
元々私はズボンに携帯を入れて活動するためストレート携帯を使ってました。軽い機種が良くて15年くらい前にはパナソニックのやつで69gで大変満足していました。ところが8年使ったところで電池交換にいったら販売中止で使用不能に。仕方なく今度はその時点で一番軽いやつ85gくらいを使ってました。6年使ったところでまた電池が販売中止。もうストレートは無く、一番軽いのはらくらくホン。95gだったか。これがズボンに入れるとどうも気になる。折りたたみは分厚くて嫌なんですね。同じ重さのスマホに変えました。これが2か月前。通信はいらないのでspモードだけにしました。最初の請求で通信料が何と12万円! ネットは全く使ってなかったのに。スマホは通信をしていなくてもあらゆるアプリを使ったり、そいつらが勝手に更新かけたりして通信しているらしいです。ショップの人が知識が無かったんですね。wifi環境のみで通信してwifiを出たらspモードで通信をしないように設定すれば大丈夫らしいのですが、恐ろしいのでspモードを解約しました。同時にドコモのアドレスが無くなりました。スマホは使いにくくて嫌いです。
今泉さんの重い文章の後につまらない話ですみません。

[407] ジョルジュ・プレートル Name:It HOME Date:2017/01/10(火) 01:28 [ 返信 ]
年明け、1月4日に指揮者のジョルジュ・プレートル没のニュース。

プーランク本人からも篤く信頼され、プーランク作品を数多く演奏した指揮者だったようで、我が家にも「スタバト・マーテル、悔悟節のための四つのモテット」のLPレコードが存在する。
1984年録音のこの音源は何度か「フランス音楽のエスプリシリーズ」としてLP、CDの両方で装丁を変えて発売されたようだ。
このLPレコードを買った頃(おそらく25年ほど前)、僕が知っていたプーランクの合唱作品は「人間の顔」くらいだったかもしれい。
「スタバト・マーテル」そのものは40年近く前に九唱連(九州地区大学合唱連盟)の合宿で歌った記憶がある。その時の講師は福岡の三浦宣明先生だったか。

以来、未だプーランク作品に深く取り組まないまま、かなりの年数が経ってしまった。
そうして、僕のLPレコードだけはまだ残り、ジョルジュ・プレートルは92歳でこの世を去った。
歌えなくなる前にいつかはプーランクを歌いたいという儚い願望は根強く残るが、それが「人間の顔」か「スタバト・マーテル」であれば思い残すことはないのだが。

ジャケットは異なるが同じ音源と思われる演奏。
やはり、良いなあ。


さよなら、プレートル。



[406] 今朝はびばびば! Name:It HOME Date:2017/01/08(日) 01:15 [ 返信 ]
大谷研二さんの「ビバ!合唱」。
土曜の朝6時からという時間帯のため、なかなか聴くことが出来ない寝坊さんですが今朝ふっと目が覚めたときに流れていたのはRheinbergerの「Abendlied」でした(^^)/
今年の第1回めはラインベルガーの作品特集だったようです。
今年もいい歌を歌っていきたいなあと寝ぼけながらも思ったことでした。

大谷先生、ありがとうございました♪
                   


[405] Ho-fu Name:It HOME Date:2017/01/03(火) 03:42 [ 返信 ]
今年はね。
あんまりお願いしないでいようと密かに思っています。
お願いするってことは、僕の願いを聴き入れていただきたい、協力してね、ってことですからね。
でもそれは変な話で、みんな平等に活動する(歌う)権利があるわけだから、僕の願いなんて本当は意味のないことなのでね。
それに「お願いされてもそりゃ無理よ」ってときもあるだろうし、その時にうしろめたいような気分になってほしくないし、お願いしたのにきいてくれないんだねっていう変な空気にもしたくないしね。
僕たちは一人一人が立派な社会人(大学生も含めて)だから、したいことを責任をもってするべき、というかしていいですよね。
僕はこうしたいなあという考えは言いますが、みんなもこうしよう、こうしたいとヤイノヤイノいいながら、楽しい練習と素敵な音楽の時間を共有したいというのが今年のHo-fuであります。

ご協力宜しくお願いします、と早速頼んでみる(^^)/
               




[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜30件(全314件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板 1616BBS